プラスチック成形か鍵となる【難しい作業でも簡単にこなす】

プラスチック

軽量化を図る

作業員

ホーニングを行なう場合は、プロの職人に依頼しましょう。自動車関係の開発を行なっている企業は、新しいプロジェクト企画を立ち上げるところがほとんどです。新しいプロジェクト企画では、軽量化を図るところもあります。軽量化を図ることで、車体全体が軽くなるだけでなく、燃費も良くなるためです。そのためには、無駄な部品を最小限まで削る必要があるのです。一般の工場では、パイプ関係で、パイプの内側加工を行なうのは難しいと考えられています。パイプの内側加工は繊細な物で、傷でもついてしまうとオイルが漏れてしまう可能性も高くなります。ですから、パイプの内側加工は専門業者に依頼するようにしましょう。ホーニング加工を行なっているプロの場合ですと、依頼された規格内にパイプの内側を削ることができます。そのため、新しいプロジェクトのパイプ関係の軽量化はクリアすることができるでしょう。

ホーニング加工の機械で削ると見た目以上に良い仕上がりとなります。ホーニングとは、円状の穴を開ける場合に用いられることが多いです。ホーニング加工の機械で円状の穴を作れば、綺麗な仕上がりになるとされています。一般の機械で円状の穴を開ける場合には、誤差が生まれてしまいます。誤差が生まれるだけでなく、穴の中心から違っている可能性があるのです。円状の穴を開ける際にずれているのには、いくつかの原因があります。機械で削ったとしても中心線がずれてしまうこともあるのです。さらに、この原因を探ってもいくつもの機械があるために原因の追求には時間がかかってしまうのです。それらをさけるには、ホーニング加工業者に依頼しましょう。ホーニング加工業者の場合は、円状の穴をミリ単位で加工を行なうことができるのです。